人影のない冷い椅子は

だいたい薬でわーってなって超読みにくい文を書いてます

5年後の話

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

なんかもらえるかもしれないと聞いたらやってしまう貧乏学生のサガ。
5年後…今は19歳の大学1回生だから、順調に進めたならば、に、さん、よん…卒業できたら就職かな院かな、まだ全然展望なんか見えていないけれど、24歳であることは確かだな。
そもそも、生きてるのかな? わたしの人生設計の中のひとつで卒業したら死ぬ、っていうのがある。
そしたらわたしは5年後には存在すらしてないことになる。
まず24歳のわたしなんて想像もつかない。わたしの中にはまだ14歳のわたしとか10歳のわたしとかが見え隠れしていてぐちゃぐちゃしているから何してるのかなほんと。
不慮の事故で死んじゃってればいいな。
いまのわたしにはたくさんの仲間や気にかけてくれる人がいて、今がいちばん幸せだと確信を持って言えるから、だからこそ、惜しまれるうちに、大切だと思われているうちに、最高の死に方ができたらな。
そういうわけで、24歳のわたし、まだ生きてたらよく頑張ってますね、まわりの環境がどうであれ死ぬことは悪いことじゃないし生きることももちろん悪いことじゃないし、まあ大好きな人たちのためにせいぜいがんばればいいよ。生きる希望が持ててたらいいね。

2016/11/15 五年前のわたしより

広告を非表示にする