人影のない冷い椅子は

だいたい薬でわーってなって超読みにくい文を書いてます

病気の話

こんなことを2ヶ月半前に書いたのだけれど、これが正体を表した。というか、うーん、結局治らなくて病名がグレードアップ()した、というべきかしら。

11月末の部活の定期演奏会の2週間ほど前から体調がかなり悪くて、布団から出るのも精一杯だった。そんな状態だったので普段の生活にも支障が出て、大学の授業にも行けず部活にも行けず。部活も定期演奏会はなんとか乗り切ったけれど、そのほかのこまごまとしたイベントはほとんど休まざるを得なかった。バイトも当然出られるはずもなく休みが増えて大分迷惑をかけた。助けてほしいと心から思った。すぐに救済が必要だった。大学のカウンセリングで号泣して、病院に行くことを勧められた。

メンタルクリニックには以前から通っていたのだけれど、そこは大学入学前の病院からの紹介状で引き継いだ情報だけで薬だけを出している感じで心象が悪くなっていて、予約も何週間か後だったのでちょうどいいやと病院を変えることにした。

12月の上旬。少し遠いけれど駅から近いからと選んだクリニックで20分ほど話をして、動けないほどの状況ならば自律神経失調症ではなくうつ病のほうがより近いだろう、と言われた。診断書を書いてもらって、やっと公的に休める、と肩の荷が下りた感じがした。

ここはよく話を聞いてくれて自立支援の医療機関変更の手続きの説明もしてくれたので当たりだと思った。本当は引っかかる(結局役所ではダメだと言われた)変更の日付をこうすれば医療費が返ってくるよ、というアドバイスもくれた。初診料やら診断書やら薬やらでATMに走ることになってかなり金銭的には痛手だったけれど、このタイミングで病院を変えたのはよかったと思っている。

というわけで、うつ病になりました。というか、発症時からおそらくそうだったのが診断名として露わになりました。もしかするとまた別の何かかもしれないんだけれどなんかもうわかりやすいレッテルに甘えたいのでこれでいくことにする。哀れむなら哀れめ! わたしはこれで生きていくんだ! たぶん。

広告を非表示にする